口コミで評判の良いクリニックでエラ削りの整形手術をして人生が変わった

昔からエラの張った顔が嫌いだった

昔からエラの張った顔が嫌いだった | 経験者から話を聞いて自分も整形を決意 | 一度きりの人生、思い切り楽しみたい

昔から自分のエラの張った顔が大嫌いでした。
小学校に上がってすぐ、同じクラスの男の子たち数人に「男顔」・「ブス」などと言われてはじめて、私は自分の顔が自分以外の女の子たちと違うということに気が付きました。
男の子たちにブスだなんだと言われてから改めてみる自分の顔は、本当にブスで男っぽくてかわいさの欠片もありませんでした。
そのことが小学生ながらとてもショックで、私は数日間学校を休みました。
その出来事からずっと、私は自分の特徴的なエラの張った顔を見るたびに嫌悪感を感じていました。
中学校に上がって好きな男の子が出来ても告白できませんでした。
自分の顔がエラの張ったブスな顔だと自覚していたからです。
私が好きになった男の子はとても優しくて気さくで、私にも可愛い女の子たちと同じように接してくれていましたが、「もし、小学生の頃のように好きな人に馬鹿にされたら」と思うと勇気が出ませんでした。
高校・大学とやはり自分の顔に自信の持てなかった私は、とにかくなるべく顔を人に見られないようにと、下を向いて過ごしていました。
友達は何人か出来ましたが、一緒に出掛けた時に写真を撮るのが嫌だったので、あまり深い仲にはならないようにしていました。
修学旅行などの学校行事のシーンでもなるべく意識して写真に写らないよう努力しました。
社会人になってもそのような状態は変わることなく、自分の顔のことでこれ以上自分自身が傷つかないようにと、ますます人との接触を避けるようになっていきました。
しかし、社会人にはどうしても断ることの出来ないお酒の場があります。